日々のことを書いていきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翻訳
翻訳といってもいろいろありまして。

大きく分けると3つ。
 出版翻訳
 映像翻訳
 実務翻訳

私が勉強しようとしてるのは実務翻訳です。
実際、翻訳業界のほとんどの仕事は実務翻訳だそうです。


実務翻訳といってもこれまたいろいろありまして。

コンピュータ、金融、環境、医薬、バイオ、特許

・・・と挙げだすときりがないです。

これだけいろいろあるので、当然分野を絞って
勉強しないといけないんですが、迷ってます。

需要が高い・単価が高い などそういうことを
基準に選ぶとろくなことにはならないので、
自分が興味がある分野を選ぼうとは思うんだけど・・・

まずコンピュータ。

近年ハードからソフトのほうへ需要は移ってるようです。
元SEのくせに、ハードのほうの知識はさっぱりなので、
ソフトのほうならまだなんとかなるのかなぁ。
一応知識はあるので勉強しやすそうです。
わからないことがあったら、だんなに教えてもらえる
というメリットもあったり。

ただね、あんまり興味ないんですw

本来、技術動向など最新情報を常に勉強しているべき
なんだけど、私はさっぱり勉強してませんでした。
それでも仕事はできるし、自分に関係のある分野にしか
明るくないというどうしようもないヤツでしたw

まぁSEなんてそんなもんです。
いや、スゴイ人も大勢いますが。

一言で言えば、

もうコンピュータは飽きたよ

ってとこかな。
熱しやすく冷めやすい性格なので、
一通りやるともう興味が薄れていく傾向が・・・。


じゃぁどの分野にするの?

興味があるのは医薬か金融あたり。
医薬は翻訳者が不足しているらしいので、
狙いどころな気がしてます。
ただ、なんの知識もない私がいきなりそんな分野に
足を踏み入れてしまってついていけるの?
という不安があります。

でもどうせやるなら新しい知識も身に付けられたら
さらにやりがいがありそうだし、挑戦してみたい
気持ちは大きいです。

まぁ別に専門分野を2つ持っていてもいいわけで、
医薬とコンピュータの2つができれば、
かなり強いと思います。

今私が第一候補にあげている学校では、
1分野の基礎講座と専門講座を勉強するのに半年。
なので2つの分野をやってもたった1年。
ちなみに週1回で授業時間は1回3時間です。

1年くらいは学校に通おうと思っていたので、
2分野勉強するという手もあるなぁなんて
思っています。無謀かしら。

今度その学校の説明会に行くことにしました。
講座選択の相談もできるみたいなので、
いろいろ聞いてみます。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © bed of roses. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。